カテゴリ:その他( 1 )
ミケランジェロの美
f0077816_22234859.jpg


 【リディアの巫女】(模写)

 かの有名なシスティーナ礼拝堂の天井画・・
 その中でもっとも私が好きなところ。

 鮮やかな色彩。躍動する肉体。
 マッチョなのに美しく見えるのが不思議ですよね。

 一度は本物を拝みたいものです。





 この作品は、学生時代の授業「メチエ(模写)」でつくったものです。
 基底材、つまり木の板に寒冷紗をニカワで貼り付けたり白亜やら石膏で下地をつくったり、などからはじめる昔の技術そのままを模写を通して学ぶ授業でした。
 人により油彩だったりテンペラだったりしたわけなのですが、私が選んだこの作品は、フレスコ画なんですね。
 しかし、フレスコ画はかなりの時間、そして手早さを要求される高度なテクニックなのです。
 私は無謀にも(当時は知らなかったので)やるつもりだったのですが、先生はしっかりと、可能な道を示してくださったわけなんですね・・。
 というわけで、このリディアの巫女はテンペラ画なのです・・。
 これ一枚を見ると本物というか図版のように見えませんか?見えてるとうれしいですね。
 しかし、図版と比べるとまぁ、いろいろと違いがあると思われます・・。
 当時、放課後まで居残って仕上げただけあって私の中ではかなりのお宝作品になりました。
 今でも自宅の階段に飾ってます。
 テンペラに限らず昔の技法は、本当に絵を保護する、そして長持ちさせるものだと実感しております。
 できたそのとき、いかに輝いていても、数年後に発色も薄れ、状態も悪くなってた・・なんて、絵がかわいそうですしね・・。
[PR]
by tealbelt121 | 2006-03-09 22:46 | その他